ワカメの旬は今

北国の長い冬も日ごとに春の兆しが感じられる様になってきました。

3月~4月は北三陸普代の海で、元気に育ったワカメが旬を迎えます。

 

ワカメの収穫は夜中の12時頃から行われると言う。

まだ暗い太田名部漁港での選別の様子を写真に収めてきました。

春の風物詩としてその一部をお伝えします。

 

沖で収穫されたワカメを積んだ船が港へ接岸します。

 

早採りワカメ

 

小型の船いっぱいに積まれたワカメ。

今年のワカメの出来は上々とのこと。

 

ワカメ

 

籠に満載されたワカメを家族総出みんなで陸揚げします。

 

ワカメ

 

ワカメの切り分けを行います。

葉、茎、メカブと部位ごとに素早く小刀で切り分けます。

この岸壁での選別作業が早春の風物詩でもありました。

時代とともに各々の作業場にて切り分け作業を行う漁家がふえ、岸壁で作業を行う漁家は少なくなりました。

 

早採りワカメ

 

大量のワカメを素早く切り分ける漁家ならではの熟練技。

暗がりの中でのシーンとシャッタースピードの調整はなかなか難しい。

 

早採りワカメ

 

 

選別作業は普代の海が白み始めてもなお続きます。

手間を惜しまず、採れたての鮮度を損なわず、安心・安全な旬のワカメを消費者の皆さまにお届けしたいとの心意気を感じました。

 

早採りワカメ

 

選別が終わったワカメをボイル加工・塩蔵加工の工程へと流す為に車に積み込みます。

このままの状態で加工業者へも供給もされます。

次回は漁港でのボイル風景をご案内致します。

 

北三陸ワカメは今が旬。

春の食感を口いっぱいに召し上がれ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA