早春の風物詩「早取りワカメ」

「早取りワカメ」は、成長段階の新芽のワカメを摘み取ったもの。

ワカメを立派に成長させるためには「間引き」という作業が必要であり、それは通常のわかめの収穫期である3〜4月よりも早く、1月〜2月の厳冬期に行われます。

 

ワカメ

 

原藻(生わかめ)のまま出荷されるので栄養価も高いまま。

春先にしか味わうことのできない貴重な北三陸普代の滋養豊かな春の味なのです。

 

ワカメ

 

今年は3月10日頃までが漁期と聞いております。

早春の豊かな海の味覚をぜひご賞味ください。

 

ワカメ

 

葉体は「しゃぶしゃぶ」用に「シャキシャキ」とした食感の中芯は、サラダや炒め物、煮つけなどにいかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA